オートグラフカードのリクエスト方法!TTMのやり方(ブンデス式)

最近、人気が増してきたオートグラフ…

自分としてはたくさんの方々に興味を持ってもらい、オートグラフの良さを知ってもらえていることがとても嬉しいです。

しかし、google等で検索して出てくる「オートグラフリクエストの書き方」ではあまりいい表現でない部分や、間違った封筒の使い方で紹介していたりするのでここでは、

「オートグラフリクエストのよりよい書き方」

を紹介していきたいと思います。

ここで紹介するリクエストの仕方は、主にブンデスリーガにリクエストを送るやり方になります。

なので、このリクエストの仕方を俗にブンデス式と呼んでいます。

ドイツサッカー協会は、ブンデスリーガにオートグラフカードの配布を義務付けています。

今回はこのサービスを利用するための方法を説明していきたいと思います。

では、まず必要物品についてです。

①洋形2号の封筒

オキナ 洋形封筒 洋型2号 ET52N ホワイト 50枚入

価格:392円
(2017/12/17 10:10時点)


↑100均で買うよりコスパ最強

こちらは主に送るときに必要な封筒になります。

洋形2号だとこれから述べる必要物品を全ていれることができます。

②角型8号の封筒

開発封筒 クラフト製・パック入 80号(KK80) 32枚 オキナ【印章 封筒 郵便用品 封筒 オキナ 開発封筒 80号 32枚入 角型8号 KK80 事務用封筒】

価格:240円
(2017/12/17 10:07時点)


↑こちらもコスパ最強

こちらは主にブンデスリーガから送られてくるオートグラフをいれて発送してもらうために利用する封筒になります。

オートグラフカードは、基本的にハガキサイズなので角型8号の封筒がちょうど入るサイズとなります。

15-16シーズンのシャルケのオートグラフカードは大きいためこのサイズの封筒には入らず、オートグラフカードが折り曲げた状態で送られてくることがあります。

なので、チームによりますが封筒のサイズ変更が必要となってきます。

なお、15-16シーズンのシャルケのオートグラフに対応する封筒は長形3号の封筒となります。

③リクエスト用紙

こちらは欲しい選手のリクエストを書く紙になります。

④国際返信切手券(IRC)

こちらがないとリクエストを出しても、返信がくることがありません。

この国際返信切手券の役割は、リクエストをしたクラブから自分のところまでにかかる送料を負担する切手と考えてください。

1枚で110円の送料を負担することができます!

こちらは郵便局にて1枚150円で購入可能です。

しかし、取り扱いしている郵便局が少ないので、大きい郵便局、もしくは最寄りの郵便局で取り扱い店舗を伺うのがいいでしょう。

注意点としては、左側の日の丸の隣にある郵便局のスタンプが押されていないと使用することができないので、必ずスタンプを押してもらいましよう。

⑤110円切手

基本的に日本からドイツの郵送料は重さによりますが、このリクエスト物品量なら110円あれば足りると思います。

ちなみに25gを超えると料金が増します。

もし不安であれば、郵便局で出すことをお勧めします。

以上、必要物品5点でした。

次にリクエスト方法について説明していきたいと思います。

まず初めに①の洋形2号の封筒の書き方を説明したいと思います。

こちらは、日本郵政が紹介しているあて名の書き方国際郵便にて詳細を確認することができます。

詳しくは上のリンクを確認してください。

ここで注意点が一つあります。

宛先ですが、

To:クラブ名

だと「~へ」と失礼な書き方になってしまいます。

なのでここでは、

「c/o」

という表記を用います。

c/oとはcare ofの略であり、

「様方」

という意味を表します。

なので、

To:c/oクラブ名

とすると「クラブ様方へ」とより丁寧な宛先の書き方となるのでこちらを使いましょう。

次にリクエストしたクラブから自分に送られてくる②の封筒の書き方について説明していきたいと思います。

必ず受け取る際の角型8号の封筒は横向きに使いましょう!!

よく紹介されているのは、封筒を縦にした書き方です!

基本的に外国は封筒を横向きに使うので、封筒を縦に使ってしまうと、

「切手貼るところどこ?!」

と外国の方が考えてしまうので、リクエストするクラブに迷惑をかけないようにするためにも封筒は横向きに使いましょう。

宛名の方ですが、書き方は上の送る際の書き方と同じです。

自分の宛名を書きましょう。

さらにエアメールの記載がないと船便で送られてきてします恐れがあります。(船便は届くのに1ヶ月以上かかります。)

なので、AIR MAILと青色の文字で記載しましょう。これは国際的な決まりになっています。

もしくは郵便局で「エアメールのシールください!」といえば上の画像のエアメールのシールがもらえます。

それを使うのもいいと思います(^q^)

このエアメールのシールは、送る際の洋形2号の封筒でも使えます!

そしてさらに重要なことは

「Please do not bend.」

という表記です!

よく紹介されているのは

「Don’t bend」

という表記です。

これだと「折るな!」ととても強い文調になります。

サービスされている側なので、このような命令文調はやめましょう。

「Please do not bend.」

は、折り曲げないでくださいと優しい文調になります。

なので、こちらを使うほうがいいでしょう。

以上で、封筒の書き方は終わりです!!



次にリクエスト用紙に記載する書き方について説明します!

これがシンプルな書き方になります。

Could you send me the autograph cards?

とオートグラフカードを送っていただけませんか?

と書きます。

次に選手の背番号、名前を書きます。

だいたい1回のリクエストで頼める枚数は3枚、多くて4枚となります。

最後にお礼の文を書きましょう。

以上でリクエスト用紙の書き方は終わりです!!

これで準備は整いました!

最後に①の洋形2号の封筒に、

折り曲げた角型8号の封筒

リクエスト用紙

国際返信切手券

を入れて封をしたら、

日本からドイツに送る送料(ほとんどが110円)の切手を貼って投函すれば完了です!!!

あとは待つのみですヽ(´ー`)ノ


日本からドイツまで5日間で届きます!

最短で11日ですが、滅多にそんなことはないでしょう。

なので、気長に待ちましょう。

だいたい、1~3ヶ月ぐらいで届くと思います(^q^)

返信がこなくても文句をいったりするのはやめましょう。

以上がリクエスト(ブンデス式)の書き方についての説明になります!

他にも個人宛という書き方があります!

これも後々紹介していきたいと思います!

がんばって夢のオートグラフカードを手に入れてみて下さい!!

当ブログは人気ブログランキングにエントリーしています!
記事がよかったら下記のバッジョのクリックをお願い致します!


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です