TTMのやり方(国内)

いままで当ブログで述べてきた

ブンデス式

個人宛

を駆使すれば好きな選手のオートグラフを手に入れられるチャンスに繋がることがわかったと思います!

サッカーファンとして遠くにいて手に入れることが難しい海外選手のオートグラフを手に入れられることはとても魅力的なことだと思います。

いままでは海外に向けたTTMのやり方を紹介してきましたが、

ここでは国内のJリーガーに向けたTTMのやり方について述べていきたいと思います!

国内だし、直接貰った方が嬉しい!と思うかもしれませんが

「あのJリーガーのサインが欲しいけど遠くてもらいに行けないや…」

「練習場に行ってサインを貰える暇がないな〜」

「練習場に行くのが緊張するなー」

と様々な理由があり、直接貰うことができない人達もいると思います。

そういった方にもTTMで好きなJリーガーのオートグラフを手にする手助けになればと思ったので、国内でのやり方を伝授致します!

まず必要な物品からです。

基本的にはTTMのやり方(個人宛)で述べた物品があれば大丈夫です。


しかし国内なので国際返信切手は必要ありません。

その代わりに返信用の封筒に送った時にかかった料金の切手を貼っておきましょう。

そうすると選手が返信用の封筒にサインをしたものを入れて送って下さいます。

だいたい写真3枚程度なら82円切手が貼ってあれば大丈夫です

そして宛名の書き方になります。

日本郵政HPより引用致しました。

洋型2号で送る場合は横書きになりますので配慮が必要です。

そして、必ず裏には自分の住所、名前を忘れずに書きましょう。

返信用の封筒ですが、上記の封筒の書き方に準じます。

裏面には基本何も書かなくても大丈夫です。ですがこちらがクラブの住所と選手の名前を書くというのもありです。

これらが準備できればあとは送るだけです。

ちなみにJリーグ所属チームの住所もまとめたのでご参照ください!

全てファンレター用の宛先になります。

Jリーグ所属チームの住所一覧

応用編として色紙を送るというやり方があります。

色紙を送った場合は、色紙が入る送信用の封筒と返信用の封筒が必要となってきます。

以上が国内選手(Jリーガー)に向けたTTMのやり方となります!

当ブログは人気ブログランキングにエントリーしています!
記事がよかったら下記のバッジョのクリックをお願い致します!


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です