強靭なDF!リオ・ファーディナンド!

本日はマンチェスターユナイテッドの黄金期を築き上げた選手の一人!リオ・ファーディナンドのオートグラフをご紹介したいと思います!

ファーディナンドは、マンチェスターユナイテッドに2002年から2014年とかなり長い間在籍していたユナイテッドのレジェンドです!

またイングランド代表ではキャプテンを務めていました。

2007-08シーズンの二冠を含む数々のタイトル制覇に大きく貢献し、ヴィディッチと共にユナイテッドの最終ラインを牽引しました。

しかしその後怪我等に悩まされて、パフォーマンスが衰え始めると移籍話等が取り上げられましたが、

「このチームで現役を終えたい。マンチェスター・ユナイテッドでキャリアを終えることはオレの夢だ。クラブの黄金期を築いた選手として、ファンの記憶に残りたい」

と断言しました。

しかし、2014-2015からはQPRに移籍しましたがチームに思うような結果を残せず降格したこともあり契約の延長をせず、2015年に彼は引退しました。

またファーディナンドは2001年に来日した際、直前に起きた大阪教育大学附属池田小学校での児童殺傷事件の事を耳にし、自身のスケジュールを変更し、現場となった同校を訪れ、校門前に献花をしました。2002年W杯で来日した際と2008年クラブW杯で出場のために来日した際にも同校に哀悼の意をささげ花束を贈っています。花束には「悲しく痛ましい事件を思い起こし、哀悼の意をささげ、献花したい。この花を飾ってください」というファーディナンドのメッセージが添えられていました。

政治に目を向けたり、ボランティアに積極的に励んだりと知性、インテリジェンスのある方でとても尊敬します。

そんな彼のオートグラフはTTMで手に入れることが出来ました!

シンプルなオートグラフですが彼の強さが巧みに表れている堂々とした写真がインパクトを残しています。

彼のオートグラフはこのシグネチャー一択だと思われます。

マンチェスターユナイテッド在籍時にリクエストしたかったのですが間に合いませんでした…

QPR時代も返信はなく諦めていたのですが、彼のプライベートアドレスを手に入れることができたのでそちらに送ってみると2ヶ月ほどで返信を頂くことができました。

プライベートアドレスなのでなかなか出回っておらずファーディナンドのオートグラフはいまでは珍しいかもしれません。

以上!本日はマンチェスターユナイテッドの黄金期を支えたファーディナンドのオートグラフでした!

当ブログは人気ブログランキングにエントリーしています!
記事がよかったら下記のバッジョのクリックをお願い致します!


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です