全能のリベロ!チアゴ・シウバ!

本日は昨夜のブラジルvsコスタリカでも鉄壁の守備を魅せてくれたチアゴ・シウバのオートグラフをご紹介したいと思います!

チアゴ・シウバがプロデビューしたのはブラジルのRSフチボウというチームでデビューしました。

デビュー翌年にはブラジルにあるジュベントゥージというチームに移籍し、主に右ウイングを務め、時には中盤やサイドバックもこなすマルチロールプレーヤーに成長しました。その後センターバックにコンバートされたという経緯があります。

2004年から2006年はヨーロッパからの目にも止まり、ポルトやディナモ・モスクワでプレーしましたが、いずれの期間も怪我や体調不良によりリーグ戦に出場することはできず、ディナモ・モスクワ時代には結核を患ったこともあり、片肺を摘出する恐れがあり、引退も考えたということもありました。

いまのプレーを見ていたら考えられないほど過酷な経歴の持ち主であることがわかります!

出場や活躍ができなかったこともあり、2006年からはユース時代を過ごしたフルミネンセ復帰します。2007年シーズンのブラジル全国選手権では前年の15位から4位に躍進し、コパ・ド・ブラジルではは初優勝に貢献しました。2008年に出場したコパ・リベルタドーレスでは決勝まで勝ち進みましたが、PK戦の末に敗れ、クラブ初の南米制覇への栄光は手に入れることができませんでした。この敗北に関して自身は「キャリアで最も悔しかった瞬間」に挙げています。

翌年はイタリアの名門、ミランに移籍してネスタとともに強固なディフェンスを形成し数々の成功を手に入れました。

2010-2011にはリーグ優勝を経験します。このシーズンでは33試合2897分の出場で警告1度(イエローカード1枚)のみと質の高いプレーでリーグ最少失点を誇り、ミラン守備陣を支えました。

ネスタのオートグラフはこちら!!

ミランでネスタのクリーンかつ豪快な守備を学ぶと、レアルやインテルからのオファーがあったながらもPSGへと移籍します。

PSGでは同じブラジル出身のDFであるダビド・ルイスとともに王国の門を形成していました。

PSGのみならずブラジルでも形成される王国の門で、数々の勝利を導きました。

そんな彼の直筆サインは、TTMによって手に入れることができました!

かなりサインの状態は悪いです…

銀ペンと光沢用紙の相性はとても悪く、手ですぐ擦れてしまうので折角頂いた綺麗なオートグラフもこの有様です…

シグネチャー自体はこれがフルとなっています。

ちなみにネイマールに送り、チアゴ・シウバに送って手に入れたデュアルオートもありますがなんせ状態が悪いです…

絹目調の写真用紙に変えたのですが結果は変わりませんでしたね…

余計状態が悪いです笑

もはやだれのサインかわからない状態です。

唯一この写真は綺麗に残っているかな?という感じです!

掠れてはいますが…

TTMでは珍しい金ペンや銀ペンでの返信でしたが、このような事件になるとは想定しておりませんでした…

ちなみにチアゴ・シウバはパリの自宅に送って手に入れることができましたが、2016年あたりから全く返信を見ることがなくなりました。引っ越したのでしょうか?

paniniの5シリカードを送ったのですが2.3年ほどこない現状です…

パリSGに送るという手がありますが返信例はなかったと思います。

ただ時々パリSGは優しさを発揮し、直筆サインを封入してくれることもあるので送って見るのもいいかもしれません!

ちなみにAmeは過去にイブラヒモビッチのオートグラフを手に入れました!

イブラヒモビッチのオートグラフはこちら!

住所はこちらに掲載しておきます!

以上!本日は全能リベロを発揮するチアゴ・シウバのオートグラフ紹介でした!

当ブログは人気ブログランキングにエントリーしています!

記事がよかったら下記のバッジョ様をいいね!していただければ幸いです!

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です