バルサの心臓!イヴァン・ラキティッチ!

本日はW杯でモドリッチとW司令塔として準優勝に導いたラキティッチのオートグラフを紹介したいと思います!

ちなみに今回はラキティッチのオートグラフのプレゼント企画があります!詳細は下記まで!

(企画参加条件に下に表示されているバッジョの画像のクリックがあるのでクリックしてから読んでいただけると効率がいいです!)

当ブログは人気ブログランキングにエントリーしています!
記事をお読みになる前に下記のバッジョのクリックのご協力をお願い致します。


人気ブログランキング

ラキティッチのプロキャリアは2005-2006シーズンにバーゼルで始まりました。このシーズンはわずか2試合の出場しかありませんでした。

しかし翌シーズンの2006-2007は開幕スタメンを飾るとリーグ戦33戦に出場し11ゴールを記録するとスイス年間最優秀選手賞を受賞しました。

この活躍が認められ、シャルケへ移籍。シャルケでは主力選手として活躍して移籍してきたシーズンにCLベスト8に導く活躍を見せました。ちなみにこのシーズンはリーグ戦29試合出場3ゴール10アシストとすぐさまチームにフィットしました。

その後2010-2011にセビージャへと移籍します。セビージャに移籍してからも即主力選手となると2013-2014にはキャプテンに任命されます。シーズン序盤は下位に低迷していましたがポジションを一列あげてトップ下になると覚醒。ヨーロッパリーグ優勝などキャリア最高のシーズンを送りました。

そして翌シーズンからバルセロナへ移籍して毎年30試合以上に出場しバルサの心臓へと成長しました。

ラキティッチはバルサの心臓と言われるように中盤でパスのやりとりをしつつ、隙があれば前線へスルーパスやサイドチェンジを巧みに行ったりとバルサでは貴重な選手となっています。

またメッシが守備をしないところをラキティッチのハードワークでカバーしたりとバルサのバランスを保っている選手でもあります。

レアルの心臓であるモドリッチと共にクロアチア代表ではW司令塔として準優勝へと導きました。

モドリッチのオートグラフはこちら!

そんな彼の直筆サインは、彼のプライベートアドレスにTTMを送って手に入れました!

少しインクが滲んできているのが難点です…

ただラキティッチの背中がカッコいいです!

クロアチア代表ユニにも書いていただきました!

堂々としたサインにとても迫力を感じます!

クロアチア代表のオートグラフカードはクロアチアサッカー連盟に送って手に入れることができました!

クロアチアサッカー連盟のアドレスはこちら!

そしてシャルケ時代のものもあります。

まだ顔があどけないです笑

オートグラフ自体は今使われているものとあまり変化はありませんね!

ただこの複雑で迫力があるオートグラフはカッコ良すぎますね!

そして最後になりますがプレゼント企画です!

こちらのバルサユニのラキティッチのオートグラフを1名様にプレゼントしたいと思います!

インクが滲んでしまっていてもいいよ!という方だけご参加ください!申し訳ないです!

応募方法ですが、ツイッター(@autograph7)をフォローとこちらの記事の投稿をリツイート&この記事内のバッジョをクリックで応募完了となります。

期限は2018年7月22日までと致します!

奮ってご応募ください!

以上!本日はバルサの心臓を担うラキティッチのオートグラフ紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です